自分の歯のように咬みたい~インプラント~

インプラントとは

インプラント治療とは、今までの入れ歯や差し歯と違った、新しい治療法です。歯を支える顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め、そこにセラミック製の人工歯を取り付けて歯の機能を回復します。
硬い物でもしっかり咬め、ずれたり外れたりすることがありません。歯を失って食べ物を咬むことをあきらめていた方でも、自分の歯と同じような咬み心地を得られるのです。また、見た目も美しく仕上がります。

インプラントと他の治療との違い

歯を失った場合、そのままにしておくと、見た目が悪いだけでなく、食べ物がよく咬めず、さらに咬み合わせの悪さから体の健康にも影響が出てしまうこともあります。このような場合、できるだけ早く治療することが大切です。

歯を補う治療法には、「インプラント」の他に、「入れ歯」「ブリッジ」があります。メリット・デメリットを比較し、自分に合った治療法を一緒に見つけていきましょう。

  メリット デメリット
インプラント
インプラント
  • 見た目が美しく自然な仕上がり
  • 硬い食べ物もしっかり咬める
  • 周囲の歯に負担がかからない
  • 咬む刺激が顎の骨に伝わるため、顎の骨が痩せにくい
  • しっかりメインテナンスをすれば、長く使用できる
  • 手術が必要
  • 治療期間が長い
  • 全身疾患など持病を持っている方は治療できないケースもある
  • 保険適用外のため、費用が高額
入れ歯入れ歯
  • 治療期間が短い
  • 治療費が比較的安価
  • 見た目が悪いことがある
  • 硬い食べ物が咬みづらいことがある
  • 食べ物の温度を感じにくいことがある
  • 健康な歯や歯ぐきを傷めることがある
  • 外れやすいことがある
  • 紛失や破損しやすいことがある
  • 食べかすが詰まりやすいため、手入れが大切
ブリッジブリッジ
  • 見た目が自然な仕上がり
  • 咬んだときの違和感も少なく、硬い物もある程度咬める
  • 保険適用のブリッジなら金額を抑えることができる
  • 健康な歯を削らなくてはいけない
  • 保険適用のブリッジは、機能や見た目が少々悪い
  • 保険適用外のブリッジは、機能や見た目がよいが、費用が高額

インプラントの治療の流れ

Step 01. 検査・チェック

治療をする前に、現在の口の中の状況を確認します。CTスキャンを利用して残っている歯や歯ぐきや顎の骨の状況などをしっかりと調べ、患者さんの状況に応じた治療方針を決定します。土台である顎の骨が足りない場合や歯周病である場合は、インプラント治療を行えない場合もあります(インプラントが行えないときは入れ歯をご提案します)。

Step 02. 手術1回目~治癒期間

顎の骨に穴をあけて、チタン製の人工歯根を埋め込みます。人工歯根を埋め込んだ後は、人工歯根と顎の骨が結合するまで待ちます。おおよそ2ヶ月間くらいが目安です。

Step 03. 手術2回目~人口歯の土台連結

人工歯根と顎の骨が結合したら、再度歯ぐきを切開し、人工歯根を露出させて人工歯根と人工歯の土台(アバットメント)を連結させます。

Step 04. 人工歯の装着

再び歯ぐきが治癒するのを待ちます。治癒が確認されたら人工歯を取り付け治療完了です。

Step 05. メインテナンス

インプラントをずっと使い続けるためには、定期的なメインテナンスが大切です。当院では適切なメインテナンスとアドバイスを行っていますので、お気軽にご相談ください。

インプラント費用

診断
項目 内容 価格(税抜)
CT撮影(1回目)   6,000 円
ラジオグラフィックガイド インプラント治療計画をつくる際、咬合面・歯冠の形態をCT画像に取り込むためのマウスピース 15,000 円
CT撮影(2回目)   7,000 円
サージカルガイド CT画像・コンピュータを用いて割り出したインプラントの埋入位置を、手術中に正確にガイドする器具 95,000 円
手術
項目 内容 価格(税抜)
埋入   200,000 円
上部構造(金属)   130,000 円~
上部構造(白い歯)   200,000 円~
オプション
項目 内容 価格(税抜)
GTR 組織誘導再生といい、歯周病に侵された歯肉や歯根膜、顎の骨を回復させ、インプラントの埋入を可能にする治療 75,000 円
GBR 骨誘導再生といい、インプラントを固定できないほどに痩せた顎の骨を回復させる治療 100,000 円

「インプラントは避けたい」他の治療法をお望みの方には、入れ歯をご紹介しています