むし歯や歯周病になりたくない~予防歯科~

予防することの重要性

むし歯や歯周病は治療できる病気ですが、治療後の歯や歯周組織は少なからずダメージを受けています。削ってしまった歯は二度と元には戻りませんし、歯周組織が受けたダメージにより歯はもろくなりその寿命を縮めてしまいます。健康な歯を保つためには、むし歯や歯周病にならないよう予防するのが一番なのです。

当院では、担当衛生士制を採り入れ、患者さんごとに専任の歯科衛生士が付き、お口のケアにあたっています。どんな小さな変化にも気付くことができますので、安心しておまかせください。

予防をすることのメリット

むし歯ができては治療するというのを繰り返していては、歯はダメージを蓄積し、もろくなってしまいます。ですが、予防歯科で定期的にメインテナンスを受け、むし歯や歯周病の予防に努めることで、常に歯やお口の中の健康を維持できます。

また、むし歯や歯周病がひどくなればなるほど治療は大掛かりになり、費用もかさみ、治療期間も長くなってしまうものです。逆に常に予防に取り組みお口のトラブルを発生させなければ、痛みはもちろん治療にかかる費用や時間などがかからず、万が一むし歯や歯周病になっていたとしても最小限におさえることができるのです。

予防処置

予防処置には、常に歯をきれいに保つ施術など、色々な方法があります。自宅で行う歯みがきとは別に、歯科医院で定期検診を受けましょう。当院の定期検診では、患者さんに合わせて様々な処置を行っております。

プラーク(歯垢)の染め出し

ちゃんと毎日歯みがきをしていても、意外とみがき残しはあるものです。歯みがきでちゃんとプラークなどを落とせているか、みがき残しが多い箇所はどこなのか、専用の染め出し薬を用いて確認します。みがき残しの箇所を知ることで、歯みがきの癖を把握しブラッシング指導に生かします。

だ液検査

だ液は、口の中を酸性から中性に戻す効果があり、むし歯菌の繁殖をおさえるはたらきを持っています。個人によって中和する力やだ液の分泌量が違い、むし歯のなりやすさも違うもの。だ液を摂取して量や細菌の数を調べることで、むし歯のなりやすさを調べます。

歯みがき指導

自分ではしっかりとみがいたつもりでも、自己流には癖があり、みがき残しが出てしまうことが多くあります。できるだけみがき残しをなくすためには正しい歯みがき方法を学ぶことが大切です。定期検診では、お口の状況に合った歯みがきの方法はもちろん、歯ブラシや歯間ブラシの選び方なども指導しています。

フッ素には歯質を強化するはたらきがあるため、歯に塗布することでむし歯になりにくくします。特に乳歯や生えたばかりの永久歯はむし歯になりやすいため、フッ素塗布が効果的です。ただし、効果は永久ではないため、定期的に行うことをおすすめしています。

PMTC

歯科医師や歯科衛生士が行う歯のクリーニングです。専門器具を使ってプラークなどの汚れを除去し、表面をツルツルにみがきあげます。通常の歯みがきではなかなか落とせないタバコのヤニや茶渋の汚れなどもある程度落とすことができます。

~PTMCクリーニングでさわやか効果~

PTMCで歯をきれいにすることによってお口の中を清潔に保つだけでなく、歯がツルツルになるため
爽快感を得られ、施術後にはとてもスッキリとした気持ちになります。

咬み合わせチェック

咬み合わせが悪いと、歯みがきのしづらさから歯並びの悪いところに食べかすが残りやすくなり、むし歯や歯周病など様々な病気になりやすくなります。その他、全身のバランスが崩れ頭痛・腰痛・肩こりなど様々な原因になることもあります。そのため、定期検診では咬み合わせをチェックし、必要があれば矯正歯科で対応しています。

生活習慣の指導

お口の病気と生活習慣には密接な関係があります。たとえば、間食が多かったり、甘いものをよく食べたりすると、むし歯になりやすくなるなど。もちろんブラッシングの回数が少なければ、それだけお口の中でむし歯菌が増殖し、むし歯になりやすくなります。また、睡眠時間の少なさもむし歯に影響します。定期検診では、患者さんの普段の生活状況をおうかがいし、改善すべき箇所などをアドバイスしていきます。生活習慣を見直して、お口の健康を維持しましょう。