奥歯が痛い・怪我をした~親知らず・口腔外科~

親知らずは早めに解決しましょう

親知らずとは、10代後半~30代にかけて生えてくる歯です。中央の前歯から数えて8番目、十二歳臼歯の奥に出てきます。

親知らずはスムーズに生えてくれば問題ないのですが、斜めに生えてきたり、他の歯に引っかかって途中で止まってしまうことがよくあります。場合によっては、埋まったまま生えてこないことも。このような場合、歯みがきがしづらく、みがき残しも出やすくなることからむし歯や歯周病になりやすくなります。また、親知らずが他の歯を圧迫して、咬み合わせを乱すこともあります。そのため、早めに抜歯をして、他の歯に影響を与えないようにする必要があります。

【抜歯後のポイント】

  • 麻酔が効いていても唇や頬を咬まない  
  • 強いうがいをしない※血のかたまりが流れて再出血しやすいため  
  • 冷やしすぎないこと
  • 穴をできるかぎり舌や指で触らない
  • 抜歯後は血を早く止めるため、激しい運動・入浴・飲酒を我慢する
  • 抜歯後の穴から雑菌が入って膿んだりすることもあるので口の中は清潔に保つ

お口の怪我について~口腔外科~

歯の診療メニューには、一般歯科・小児歯科・審美歯科などの他に、「口腔外科」というものがあります。口腔外科はむし歯や歯周病の治療ではなく、歯の周辺、お口まわりのトラブルを解決する診療項目です。親知らずの抜歯、顎関節症や口内炎などの治療も行います。お口まわりのトラブルでお困りのときは、お気軽にご相談ください。

当院で対応している口腔外科

当院で対応している口腔外科

お口まわりや顎などにお困りや心配なことがありましたら、いつでもお気軽にご相談ください。

お口の怪我を予防するために

マウスガードとは

お口の中は、何かと怪我をしやすいものです。特に激しく動き回り、接触なども多いスポーツでは、顔面や顎に怪我を負いやすいです。そのような危険を防ぐため、顎周辺の怪我を予防する器具が「マウスガード」です。

マウスガードの効果・メリット

マウスガードは、弾力性のある素材で作られています。そうすることで、激しい接触などの衝撃を和らげ、怪我を防ぎます。

  • 口まわりや唇が切れるなどの怪我から守ります
  • 外から加わる強い力で歯が折れるのを防ぎます
  • 強い接触で顎にダメージが加わるのを防ぎます
  • 上下の衝撃のときに、頭へ伝わる衝撃を和らげます
  • 歯を食いしばったときに均等に力が加わり、スポーツなどでより力を発揮しやすくなります
マウスガードの選び方

マウスガードは市販されていますが、自分のお口の形に合うものを探すのは大変なものです。しっかりとお口の形に合うものを使うことで本来の機能を発揮するのにもかかわらず、市販のマウスガードが合わず、プレーに集中できないという問題も起きています。

マウスガードは歯科医院で作ってもらうのがベストです。当院でも患者さんに合ったマウスガードを作製していますので、お気軽にご相談ください。