院長紹介・副院長紹介

院長・副院長インタビュー

――治療に対するこだわりやお考えを教えてください。

私たちは、患者さんに自分がされて嫌なことはしたくないと思っています。患者さんの立場を考えるために、様々なことを自分に置き換えるようにしています。

たとえば、もし歯がなければ、ご飯を美味しくしっかり咬んで食べることはできません。それはとても悲しいことです。また、もし入れ歯を入れていたとしても、口に合わなければ痛くて食べ物を咬むこともできないでしょう。

このように、常に患者さんの立場に立って考え、患者さんの辛さや苦しみを失念せずに治療するように心がけています。私たちは、患者さんの笑顔を見るのを喜びとしています。少しでも多くの患者さんに、健康な歯でいて欲しい。ご飯をしっかりと咬みしめて、美味しく味わって欲しい。治療が終わったときに、自分の歯に自信を持って最高の笑顔を作って欲しい。常にそう考えています。

また、患者さんによっては、他の歯医者の診療が合わず、当院にいらっしゃる患者さんもいます。私たちは、できるかぎり患者さんに合った治療をしたいと思っています。そして、次回もここで治療を受けたいと思ってもらえるように、いつでも信用して来院してもらえるように、常に心を込めて取り組んでいます。

――小児歯科専門医として心がけていることは何ですか?

子どもが大きくなったときに健康な歯でいられるようにするためには、子どもの時期から歯をしっかりケアすることが大切です。小さな頃から歯の正しいケアを学び、定期的にメインテナンスを受けることで、健康な歯を維持できるのです。そのため、私たちは将来の健康のために、少しでも多くのお子さんがむし歯にならないよう心がけています。

また、小さなお子さんは、どうしても歯医者に苦手意識を持っていることが多いです。そんなお子さんに少しでも恐怖を感じず、笑顔で帰ってもらうために、常に工夫をしています。ときには、歯医者に慣れてもらうために歯みがきだけでその日の診療を終わりにすることもあります。子どもでも一人の人として尊重し、適当な扱いは決してしません。大人と同じように、納得して治療を受けられるように気を配っています。

私たちは、お子さんが成長していく中で健康な歯を維持していく過程を見られることがとても嬉しいです。ずっと見守っていたいと思っています。

――今後どのような医院を作っていきたいですか?

地域の人たちにとって、ご家族にとってのホームドクターのような存在になりたいと思っています。何かあったときに、気軽に相談に来ていただけるような、そんなアットホームな医院を目指しています。医院スタッフも、もっと医療人としての専門性を高め、スタッフ全員で力を合わせ、チームで診察できるようにしていきたいです。どのような患者さんにも対応できるように、さらに努力をしていきます。

――最後にこのホームページを見ている方に一言お願いします。

お口の中の健康は、体の健康につながっています。当院では、私たちをはじめスタッフ一同、患者さんのこと、患者さんのお体のことを第一に考えた治療を行っています。また、小さなお子さんからご年配の方まで、すべての患者さんがいつでも安心して来院できるよう、常に笑顔でお迎えしています。患者さんの心配や不安、疑問に真摯に耳を傾け、患者さんに納得していただけるまで丁寧にご説明することを心がけていますので、歯やお口の中に不安がありましたら、いつでもお気軽にご来院ください。

院長紹介

秀島 潔

秀島 潔

経歴経歴
昭和58年3月
神奈川歯科大学 卒業
昭和58年4月
神奈川歯科大学 勤務
平成3年
退職
平成3年~平成22年
障害者歯科学教室 非常勤
平成6年 9月
秀島歯科医院 開業
資格 歯学博士
日本小児歯科学会 専門医
所属団体 印旛郡市歯科医師会
デンタルコンセプト21(インプラント研究会)
日本臨床歯周療法集談会
Er:YAGレーザー臨床研究会
日本小児歯科学会
日本老年歯科医学会
日本障害者歯科学会
山田矯正研究会

副院長紹介

秀島 郁代

秀島 郁代

経歴
昭和61年 3月
神奈川歯科大学 卒業
平成6年 9月
秀島歯科医院 開業
所属団体 デンタルコンセプト21(インプラント研究会)
Er:YAGレーザー臨床研究会
山田矯正研究会