歯ぐきから血が出る・グラグラする~歯周病~

歯周病の恐ろしさ

歯周病とは、プラークに潜む歯周病菌が引き起こす病気です。歯周病菌の出す毒素によって歯ぐきに炎症が起き、さらに歯を支える顎の骨が溶け、最後には歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病はなかなか自分では発見しにくく、気付いたときには取り返しのつかないくらい進行していた、というケースもあるほど。成人した日本人の約8割は歯周病にかかっているといわれており、いまや国民病として認識されています。

体に及ぼす影響

歯周病は歯が抜けるだけではなく、体全体に悪影響を及ぼします。

血管障害

歯周病菌が血液の中に入り込むと、血栓ができやすくなり、動脈硬化も進みます。その結果、脳梗塞や心筋梗塞など、命にかかわる重要な病気が起こりやすくなります。

肺炎

歯周病菌を含むだ液が気管に入ってしまうと、肺周辺の組織が炎症を引き起こすことがあります。場合によっては肺炎を起こしてしまうこともあります。

糖尿病

歯周病は糖尿病を悪化させてしまうことがあります。また、反対に糖尿病の人は免疫力が弱いために歯周病になりやすいという説もあります。

早産

歯周病菌が体内に入ることで、筋肉が陣痛が起きたときのように収縮し、早産が起こりやすくなります。

予防処置

歯肉炎 歯肉炎 歯と歯ぐきの間の歯周ポケットにプラークや歯石(プラークが石灰化したもの)が溜まり、歯ぐきが炎症を起こします。ブラッシング時に血が出たり、歯ぐきが赤く腫れたりします。
初期歯周炎 初期歯周炎 プラークや歯石がさらに増え、歯周ポケットが深くなります。出血がひどくなり、歯ぐきもさらに腫れます。
中期歯周炎 中期歯周炎 さらに歯周ポケットが深くなり、出血や腫れに加えて、膿が出て口臭が発生します。また、顎の骨が溶け、歯がぐらつき始めます。
末期歯周炎 末期歯周炎 歯周ポケットがさらに深く、歯ぐきの出血や腫れ、口臭も悪化。歯ぐきが下がり、歯根が露出し始めます。放っておくと顎の骨が半分以上溶け、最終的には歯が抜け落ちます。

歯周病は恐ろしい病気です。放っておくと取り返しがつかないことになります。手遅れになる前に進行を食い止め、しっかりと治療することが大切です。

検査方法

ポケット検査

歯周ポケットの深さを調べます。歯周病がひどくなるほど、歯周ポケットは深くなります。

歯の揺度の検査

歯周病の進行が進むと、歯がぐらつくようになります。どのくらい揺れるかを確認し、歯周病がどのくらい進行しているか検査します。

レントゲン検査

レントゲン撮影で顎の骨の状態を確認します。顎の骨の溶け具合で、歯周病がどのくらい進行しているか検査します。

細菌検査

口の中の細菌の種類や量を調べ、歯周病の進行度合いを検査します。

治療方法

レーザー治療

比較的軽度な症状の場合に採用します。歯ぐきにレーザーを照射し、歯周ポケットを浅くすることで治癒を促します。血が出ることもないので、安心して治療を受けられます。

スケーリング・ルートプレーニング

「スケーラー」という細長い器具を使い、歯周ポケットに溜まったプラークや歯石を除去します。さらに、スケーラーによって削れた部分を「キュレット」という器具でなめらかにし、プラークや歯石の再付着を防ぎます。

歯周ポケット掻爬(そうは)術

中期頃の症状の場合に採用します。局部麻酔を打ち、炎症を起こしている歯肉を歯石や膿と共に除去。切り取った部分からは新しい歯肉ができ、歯根にピッタリ付着することで正常な歯ぐきが戻ります。

フラップ手術

比較的末期の症状に採用します。局部麻酔をして歯肉を切開し、歯根などに付着したプラークや歯石を取り除きます。表面をなめらかにしてから歯肉を縫い合わせ、元に戻します。

歯周病を防ぐためには適切な予防と定期的なメインテナンスが大切です