入れ歯が合わない・替えたい~義歯~

自分に合った入れ歯を見つけましょう

入れ歯(義歯)は歯を失ってしまった人の強い味方です。しかし、自分に合わないものを使うと、激しい痛みが生じたり、すぐに外れてしまったりします。当院では、丁寧なカウンセリングを行い、患者さん一人ひとりのお口にぴったり合った入れ歯をご提供しています。

また、入れ歯に対して「見た目が悪いのでは?」とお思いになる方もいらっしゃることでしょう。ですが、ご安心ください。現在では保険適用の入れ歯の他に、自費の入れ歯が登場し、入れ歯の選択肢が広がっています。

当院では、入れ歯についてあらゆるご相談に親身になって対応させていただきます。患者さんのご希望をしっかりと伺い、患者さんに合った入れ歯をご提案しますので、お気軽にご相談ください。もちろん、今お使いの入れ歯でお困りの方のご相談もお受けしております。

部分入れ歯と総入れ歯

部分入れ歯
部分入れ歯
総入れ歯
総入れ歯

歯が一部だけ失われたときに利用します。

まわりの歯に留め具をひっかけて固定します。そのため、残っている健康な歯に負担をかけてしまいます。

歯がすべて失われたときに利用します。

部分入れ歯よりも違和感が出やすいという欠点がありますが、自分のお口に合った入れ歯を使うことで、使い心地はかなりよくなります。

保険の入れ歯と自費の入れ歯

入れ歯には保険が適用できるものと、できないものがあります。それぞれの特徴の違いをご説明します。

  保険適用の入れ歯
保険適用の入れ歯
自費の入れ歯
自費の入れ歯
素材 レジン(歯科用プラスチック)のみ セラミックや金属など様々
メリット
  • 保険適用により価格をおさえられる
  • レジンというプラスチック素材のため、修理がしやすい
  • 耐久性があり、長持ちする
  • 金属製のバネを利用しないため、見た目が自然
  • 装着感が自然
  • 素材に金属を用いた場合は、熱が伝わりやすく食べ物の温度が伝わりやすい
デメリット
  • 固定に金属製のバネを利用するため、見た目が多少悪い
  • 熱を伝えにくく、食べ物の温度が伝わりにくい
  • 健康保険が使えないため、費用が高い
  • 利用した素材によっては、修理に時間がかかってしまう

取り扱い入れ歯

当院では様々な入れ歯を取り扱っています。相談しながら、一緒に患者さんに合った入れ歯を選んでいきましょう。

レジン床義歯
歯科用プラスチックのレジンを使用した、保険適用の入れ歯です。安価に済みますが、厚みが出てしまうため、装着時に少々違和感が出たり、ときには発音がしづらくなったりすることもあります。
シリコンデンチャー
歯ぐきにあたる部分が、やわらかく弾力のある生体シリコンで作られています。そのため、歯ぐきにぴったりとフィットし、ずれたり外れたりすることがありません。また、シリコンのやわらかいあたり心地によって咬むときの痛みが軽減し、快適に物を咬むことができます。
金属床義歯(チタン・コバルトクロム)
歯ぐきにあたる部分が金属でできています。そのため、熱が伝わりやすく、より食べ物を美味しく食べることができます。また、金属の素材を生かして薄く作製できるので、つけ心地が快適です。
ノンクラスプデンチャー
金属製のバネではなく、特殊な樹脂を使って固定する入れ歯です。バネが樹脂製のため目立たず、また痛みも少なく快適に利用できます。
コーヌスクローネデンチャー
金属製のバネを使わず、茶筒のような構造で固定する入れ歯です。一箇所だけでなく、全体の歯と歯ぐきに均等に力が加わるため、健康な歯を傷めにくいのが特徴です。
マグネットデンチャー
磁石を使って固定する入れ歯です。金属製のバネを使わないため、見た目が自然に仕上がります。

食べ物をしっかりと咬みしめ、ご自分の歯のような使い心地を得たいという方には、最新のインプラントがおすすめです