歯が痛い・しみる~むし歯治療~

むし歯の原因を知り、しっかりと治療しましょう

むし歯とは、むし歯菌が出す酸によって歯が溶かされてしまう病気です。

むし歯菌は、口の中にたくさんいる細菌の中のひとつです。食べかすなどに含まれる糖分を栄養にしてどんどん増えていきます。そのため、むし歯にならないようにするためには、お口の中を常にきれいにしておくことが大切です。

むし歯になる主な原因

歯みがきがしっかりできていない

みがき残しがあると、むし歯菌が大量に増えてしまいます。むし歯菌が多ければ多いほど、むし歯になりやすくなってしまいます。

甘い物をたくさん食べる

糖分をたっぷり含んだ甘い食べ物は、むし歯菌の大好物です。糖分がお口の中に大量にあると、むし歯菌は活発に酸を出し歯を溶かしてしまいます。甘い物の食べすぎには注意しましょう。

食後から歯みがきまでの時間が長い

むし歯菌がもっとも活発になるのは、食事が終わってから30分後です。食後は早めに歯みがきをしましょう。

歯が弱い

歯質的に、むし歯になりやすい人となりにくい人がいます。生まれつき歯質の弱い場合や、病気によって歯が弱ってしまう場合があります。このような方は特に歯のケアに気を付けなければいけません。

むし歯の進行段階と治療法

進行段階 症状 治療法
C0
【ごく初期のむし歯】
C0 【ごく初期のむし歯】
歯の表面のエナメル質が溶け始め、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。 適切なブラッシングやフッ素塗布レーザーを用いた治療で治ることがあります。
C1
【エナメル質のむし歯】
C1 【エナメル質のむし歯】
歯の表面のエナメル質が溶け、黒ずんでいる状態。冷たい物がしみることがありますが、まだ痛みはありません。 むし歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。
C2
【象牙質のむし歯】
C2 【象牙質のむし歯】
エナメル質の内側にある象牙質までむし歯が進行した状態。冷たい物や甘い物がしみるようになり、ときどき痛むこともあります。 むし歯に冒された部分を削り、インレー(詰め物)で補います。
C3
【神経まで達したむし歯】
C3 【神経まで達したむし歯】
神経までむし歯が進行した状態。熱い物がしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。 神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウン(被せ物)を被せます。
C4
【歯根まで達したむし歯】
C4 【歯根まで達したむし歯】
歯の大部分が溶けてなくなり、歯根までむし歯に冒された状態。神経が死に、痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び痛みが出ます。 多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、インプラント入れ歯などで失った歯の機能の回復を図ります。

歯周病を防ぐためには適切な予防と定期的なメインテナンスが大切です