子どもの歯の健康を守りたい~小児歯科~

お子さんのうちに気を付けていただきたいこと

小さいお子さんの歯は、大人の歯に比べてとてもやわらかく、むし歯になりやすいものです。だからといって「乳歯は生え替わるから、むし歯になっても放っておいて大丈夫」と思っていませんか? それは大きな間違いです。乳歯がむし歯だと、生え替わる永久歯もむし歯になりやすくなったり、永久歯への正しい生え替わりが阻害されたりすることもあるのです。油断は禁物。乳歯を健康に保つことが、将来丈夫な歯と顎を得られる秘訣です。小さい頃からのケアを怠らず、健康な歯を保ちましょう。

~普段の食事で気を付けたいポイント~

  • 食後はなるべく早く歯をみがいたり、口をゆすいだりする
  • おやつはだらだらと食べない
  • 甘い食べ物は、できるだけノンシュガーやシュガーレスのものを選ぶ

定期メインテナンスでお子さんの歯を守る

定期メインテナンスでお子さんの歯を守る

歯は生えたときから病気のリスクを潜めています。そのため、小さい頃からお口のケアは欠かせません。しかし、子どもにとって歯医者は怖い場所かと思います。まして、むし歯の治療は痛みを伴うこともあり、恐怖心を抱かせてしまっていることもあるでしょう。歯医者を怖がらず、痛い思いをさせないように、小さな頃から「むし歯にならないために通う」という習慣を付けていただくことが大切なのです。

こんなクセに要注意!

お子さんの普段からの何気ないクセが歯や顎に負担をかけ、歯列を乱すことがあります。歯並びが悪いと様々な悪影響が及ぶため、以下のようなクセがあったらやめさせるようにしましょう。

指しゃぶり

幼い頃にやりがちの指しゃぶりですが、あまり長い間指しゃぶりをしていると歯に負担がかかってしまいます。指を吸う力が長く続くと、歯が裏から押され、出っ歯の原因になることがあります。

タオルを咬む

ずっとタオルを咬んでいると、咬み合わせが乱れたり、出っ歯の原因になったりすることがあります。

爪を咬む

食事で硬いものを咬むことは顎に効果的ですが、爪の場合は一箇所だけに負担がかかるため、歯に悪影響を与えてしまいます。

唇を咬む

唇を長く咬み続けると、歯に負担がかかります。下唇を上の歯で咬み続けると出っ歯に、上唇を下の歯で咬み続けると受け口になる可能性があります。

口呼吸

口で呼吸をしていると、だ液が減って口の中が乾燥しやすくなり、むし歯になりやすくなります。また、常に口があいていることで、舌の位置が下がって歯並びが悪くなるともいわれています。

舌癖(ぜつへき)

歯を裏側から舌で押したり、常に舌を出したりなど、舌に関連するクセなどは歯並びに影響を及ぼします。また、発音にも支障をきたすこともあります。

頬杖

頬杖をつくと顎に負担がかかり、歯並びや顎の発達に影響を及ぼします。顎関節症になったり、歯並びが乱れたりします。

食べ物を咬まない・丸飲み

食べ物をちゃんと咬まなかったり、丸飲みをしたりしていると、顎の発達が悪くなり歯並びに影響します。やわらかいものばかり食べているのもよくありません。小さい頃から硬いものをよく咬むことが大切です。

お子さんの歯並びについて

歯並びが悪いことによって、様々な悪影響が出てしまいます。

むし歯・口の中の環境の悪化

歯並びが悪いと歯みがきがしづらくみがき残しが出てしまい、お口の中が不衛生になりがち。むし歯になりやすくなります。

消化が悪くなる

歯並びが悪いと、食べ物をしっかり咬むことができません。あまり咬まないまま飲み込むと、今度は胃腸に負担をかけてしまいます。栄養の吸収も悪くなり、健康を阻害することもあります。

口の中を怪我しやすくなる

出っ歯や歯並びが著しく悪い場合、転んだときに唇や口の中を切ってしまうことがあります。また、衝撃が強くかかるため、歯が折れてしまう可能性も高くなります。

コンプレックスを抱く

年頃になったときに歯並びが悪いことで、見た目を気にして人前で笑ったり話したりすることを避けようとすることがあります。大きくなってからお子さんがコンプレックスを抱かないように、歯並びにしっかり気を配ってあげましょう。

症例紹介

術前

術後

小児矯正を行った症例です。

お子さんの歯を守る処置方法

お子さんの歯の健康を守るために、当院では様々な施術やメインテナンスを行っています。むし歯予防から過剰歯の抜歯まで幅広く行っていますので、いつでもお気軽にご相談ください。

歯みがき指導

小さい頃から正しい歯みがき方法を覚えることで、むし歯の発生を最小限におさえることができます。当院では歯ブラシの選び方や持ち方、ブラッシングのコツなどをわかりやすく指導します。

シーラント

生えたばかりの奥歯の表面には深い溝があり、食べかすが詰まりやすくむし歯になりやすくなっています。その奥歯の溝をあらかじめプラスチックで埋めることで、食べかすを詰まりにくくしむし歯を予防します。乳歯、生えたばかりの永久歯、両方に効果的な方法です。

フッ素塗布

むし歯予防の効果があるフッ素を歯の表面に塗ることで、むし歯になりにくい歯にします。定期的に行うと効果的です。

床矯正

顎が小さいと、永久歯に生え替わる際にすべて並びきらず歯並びが悪くなってしまうことがあります。顎が小さく歯並びに影響が出そうな場合は、顎の内側に専用の装置を取り付け、顎の成長の過程で内側から広がる力を加えることで顎を広げます。

ムーシールド

下の歯が上の歯より出ている受け口の場合、治療するために「ムーシールド」という特殊なマウスピースを装着します。約1年間、睡眠中に装着することで、ゆっくりと負担をかけずに受け口を矯正することができます。

過剰歯の抜歯

通常は、歯の生える数は乳歯20本、永久歯30本です。しかし、まれに通常よりも歯が多く生えてしまうことがあります。余分に生えた歯によって他の歯が圧迫され、歯並びが悪くなってしまうことが多いため、余分に生えた歯は早めに抜歯します。